ABOUT

現役部員メッセージ

 武田 雅貴
私たち「GRS」は対抗戦の2部リーグに所属し、昇格を目標に日々活動しています。
その所属リーグの中でもGRSはどこの大学よりも人数が少ないチームです。
私が入学して以来、出場メンバーである23人を下回ることだって何度もありました。
しかし、それに対して不満を抱いている者は1人たりともいません。

たしかに、人数の多さは武器になります。
部内競争の加速や選手層の厚さ、出来る練習メニューの増加といった様々なメリットがあります。
正直、このチームには上記で述べたものはない。
けれども、他のチームにはない大きな武器がある。それは「人数の少なさ」です。

今までの話からすれば一見、人数の少なさは弱みのように思える。
しかしながら、そのような状況を逆手に取り、人数が少ないからこその強みは何かと模索し続けてきた。
少ないがゆえに同じ危機感を持ち、近い距離感で本音で話し合い、全員が改善策を考え発信する。
今の自分達にとって何か出来ることはないかと常に考え行動し続けてきた。
これこそが私たちの真の強みであると言えると思います。

私はそのような組織で活動出来たことでラグビーの技術面での向上に加え、人間として格段に成長出来たと実感しています。
だからこそ、このGRSで4年間を過ごせたことは本当に良かったと思っています。
最高の学生生活を送ることが出来る選択肢は何千通りもあることでしょう。
その中で最後にGRSこと学習院大学ラグビーを選んで頂けたら幸いです。
充実した、誰よりも熱い大学生活を私達と共に送りましょう。

現役部員メッセージ

 物集女 宗謙
私は一般受験で学習院大学に入学しました。
高校の頃からラグビーをやっていて、部活の雰囲気も良かったことから学習院大学ラグビー部に入部を決めました。
現在学習院大学ラグビー部は対抗戦Bグループに所属し、対抗戦Aグループへの昇格を目指して頑張っています。

練習環境は駅から徒歩1分で入れるキャンパスの中にグラウンドがあるので通いやすく、授業終了後すぐにグラウンドに行くことが出来ます。
また、学校のトレーニング室も広く設備が整っているので充実したトレーニングが行えます。

ここ数年、学習院大学ラグビー部は部員が少ないという状況が続いています。
しかし、人数が少ないからこそ部員同士のコミュニケーションを大事にし、アットホームな雰囲気であるのも魅力です。
なので、初心者の人でも一からラグビーに取り組める環境です。

また、長期オフには、同期や先輩後輩と旅行に出かけるなどして充実した大学生活も送ることが出来ます。
是非学習院大学ラグビー部に入ってきて頂き、一緒にラグビーが出来るのを楽しみに待っています。

現役マネージャーメッセージ

 武藤 杏奈
私はラグビー部でスタッフの立場で、選手のサポートをしております。
入部するにあたり、心配な事もあるかと思いますが、ラグビー部に入部するメリットは沢山あります。

①人数が少ない分、一人一人の裁量が大きく責任のある仕事ができます。
 スタッフは部門別になっていて、自分が活躍出来る場所を見つけられると思います。
 さらに一部門が平均3人で構成されているので、その中での裁量は大きいと思います。

②校舎のすぐ隣がグラウンドのため、授業と部活動の両立が可能です。
 グラウンドが校舎のすぐ隣なので、授業出てそのまま部活に参加する事ができます。
 これは北グラウンドで部活動をする部活の強みだと思います。
 またラグビー部は、授業優先のため勉強を疎かにすることもありません。

③同じ目標を持つ仲間ができる。
 今は入替戦出場を目標に団結して練習に励んでいます。
 そして辛いことがあってもお互い励まし合いながら頑張れる仲間が沢山います。

新入生の皆さんの大学生活が充実できる環境がラグビー部にはあります。
皆さんの入部お待ちしております!
学習院大学ラグビー部 Copyright (C) Gakushuin Rugby football Society All Rights Reserved.