ABOUT

現役部員メッセージ

 齊藤 拓未
学習院大学ラグビー部は現在、関東大学対抗戦Bグループに所属しており、目標であるAグループへの昇格を目標に練習に励んでいます。日々の練習の場所としては大学内の北グラウンドで活動しているため、アクセスもよく非常に恵まれた環境で練習しています。

学習院大学にはスポーツ推薦がないため、私たちラグビー部員は自分たちの強い意志で入部し、活動しています。しかしその分、部員の確保には苦労をしており、毎年、試合登録メンバーに何とか足るような人数しかいません。そのため、弱みを挙げるとするならば、人数の少なさであるかもしれません。

しかし、人数が少ないことがむしろ私たちの強みでもあります。特に、部活動中だけでなく、プライベートでも学年に関係なく互いにコミュニケーションを取り合うことで、自分だけでなく、組織として成長していくことが可能です。また、コーチの方々との距離も近く、的確なアドバイスをもらえます。休日の練習では人数の少なさを補うために、OBの方々が練習に参加してくださり、平日に実施不可能な練習を行うことができ、学習院大学ラグビー部の縦とのつながりを強く感じることができます。

充実した大学生活には学業、アルバイト、サークルなどの要素がありますが、部活動で得られるものは他のものに代えがたいものであると考えています。その中でもラグビー部という選択肢を多くの人が選んでいただければ幸いです。ぜひ、共にグループの昇格を目指して、活動していきましょう。

現役部員メッセージ

 原口 昂大
私たち「GRS」は対抗戦Bグループに所属し、Aグループへの昇格を目指し、日々練習に励んでいます。

GRSとはGakushuin Rugby football Societyの頭文字を取ったものです。
なぜClubではなく、Societyなのか。それは、大学だけではなく、中高、そしてOBになっても学習院ラグビーという1つの社会に携わり続けるという意味が込められています。

ここで、Societyだと実感したエピソードを紹介したいと思います。
私が大野・現ラグビー部監督と初めて出会ったのは、初等科6年生の夏、沼津遊泳の時でした。
監督は遊泳会という組織の一員で、私たちの沼津遊泳という行事にお手伝いに来ていました。話をしているうちに監督がラグビー部に所属しているということを知り、当時からラグビーを始めていた私は、ラグビーをやっている優しいお兄さんが学習院にいて、自分も続けたいなと漠然と思った覚えがあります。
そして、中等科、高等科とラグビーを続け、時々北グラウンドでの練習をしていると、必ず練習に顔を出し、声をかけてもらっていました。いよいよ大学ラグビー部に入部すると、小学校で出会った優しいお兄さんは自分の監督となって目の前に現れました。

これも1つのSocietyだと感じることでしたが、もっと感じたのは中学、高校、大学とそれぞれのステージで新たな仲間が増えて、チームの構成メンバーが変わっても、GRSはGRSのままだったのです。

大学ラグビー部の人数は少ないですが、GRSとしてはとても大きな組織であり、多くの方の支えがあって成り立っています。皆さんもこのSocietyの一員になってくれることを期待しています。

現役マネージャーメッセージ

 森戸 聖実
私は、学生トレーナーとしてチームのサポートをしております。
GRSのアットホームな雰囲気に魅力を感じ入部を決めましたが、それまでラグビーとの関わりやマネージャーとしての活動経験はなく、入部当初は不安なこともたくさんありました。しかし、親身になって相談に乗ってくれる先輩方や、つらいことも嬉しいことも一緒に共感できる同期、切磋琢磨しあえる後輩がおり、充実した大学生活を送れています。また、プレーヤーが活躍する姿を見て、自分のサポートがチームの向上や選手の笑顔に繋がることに今までにないやりがいを感じることができました。

現状、他大学に比べ部員数が少ない状態ではありますが、その分プレーヤー、マネージャー問わず一人一人が責任感を持ち活躍できる場があります。私自身,ラグビー部での活動を通し大きく成長することができました。

新入生の皆さんもラグビー部に入部し充実した4年間を過ごしませんか?
部員一同、皆さんの入部をお待ちしています。
学習院大学ラグビー部 Copyright (C) Gakushuin Rugby football Society All Rights Reserved.