若手OBメッセージ

津田 宏 (成19年度卒)  

新入生の皆様へ


 自分は学習院大学に指定校推薦で入りました。
大学の選択肢としては、他の指定校推薦、AO入試、スポーツ推薦とありましたが、その中で学習院を選んだのは大きく2つあります。
1つ目はラグビーを楽しめると思ったこと。 複数の大学の練習に参加したり、見学したりしましたが、チームの雰囲気が本当によかった。
後輩・先輩の変な隔たりもなく、ラグビーが楽しめそうだなと思ったのが第一印象でした。

2つ目はやりがいを感じたこと。
学習院は学生主体で、監督・コーチのバックアップはもちろんありますが、練習を考えるのもメンバーも考えるのも戦術を考えるのも学生主体。また入学当時、学習院はあまり強くはなかったですが、みんな1部昇格を本気で目指していました。自分はそこに高校時代にはない「やりがい」を感じました。
残念乍、自分は入替戦出場はできましたが1部昇格は果たせませんでした。
もちろん1部の大学、他の2部の大学にはそれぞれいいところがあると思います。
ただ、自分は学習院大学ラグビー部に入ったことは今でも後悔していません。
ぜひ新入生の皆さまにも学習院でラグビーをして頂けたらと思います。

澤田 隼也 (平成19年卒)

辛いこと、楽しいことを共有し成長


私は大学からラグビーを始めました。中学高校と陸上競技をやってはいましたが、コンタクトがあるスポーツ、集団でやるスポーツは初めてでした。
自分でも大学から新しいスポーツを始めるとは思ってもいなく、まして体育会でラグビーをやるとは思ってもいませんでした。

初心者が大学からラグビーを始められるのか?と思う方も多いと思います。
最初に言っておきますが、私自身、中・高の陸上競技で何か特別な実績を残したりはしていませんし、浪人もしています。
それに周りはほとんどが経験者です。
はっきり言ってきついこと、辛いこと、苦しいことが多いスポーツです。

しかし、プレイヤーだけでなくマネージャー・監督・コーチ・OBの方々と対抗戦Aグループに昇格するという目標に向かっていく一体感と、試合に勝ったときの達成感は他では味わえないものがあります。
また、ラグビー部の仲間だけでなく他の体育会の部とも交流が多く、スポーツは違えども皆同じ体育会で、目標に向かって活動をしているという一体感もあります。
多くの仲間がいるということはそれだけ大学生活も充実させることができる、辛いこと、楽しいことを共有し成長していける、そんなラグビー部に入部することを、ぜひお勧めします。